風雷益トップ
furaiekishopping.pngfuraiekreview.pngfuraiekiqa.pngfuraiekiingredients.pngfree_nenpiup.pngvideos.pngfuraiekrother.png

高速での渋滞で賢く走って燃費向上

高速での渋滞で賢く走って燃費向上高速での渋滞で賢く走って燃費向上ーは、エンジンの回転する力を利用して作られているので、結局のところ、走るための燃料である

継続渋滞での急な加速は燃費を悪化させるだけでなく追突の危険があるので注意!!

ひどい渋滞時は安全に注意してアイドリングストップを!!夏の行楽シーズンなど、高速道路の渋滞情報をよく目にしますが、ひとくちに渋滞といっても、混雑の具合によって、渋滞の中にいるクルマの動きは変わります。渋滞数十キロ、というような特にひどい状態では、何時間も同じ場所にとどまって動かない、なんていうこともあります。

このような状態は無駄なアイドリングを続けることになるので、燃費にも良くありません。安全性に注意してアイドリングストップを実施することが燃費には有効です。渋滞がもう少し穏やかになると、クルマは歩くよううな速度で少し動いては停止を繰り返す、

継続渋滞というものになります。ここでは、燃料を多く消費する発進の回数が非常に多くなることで燃費の低下を招くだけでなく、発進によってせっかく速度が乗ってきたところで停止するということも繰り返さなければなりません。ですから、この発進と停止をいかに効率良く行なうかというコツを知ることで、渋滞時でもエコ運転を実践することができるのです。

まず、発進ですが、急な発進は意味がありませんし危険です。通常の走行では、いかにスムーズに巡回速度に到達するかがポイントでしたが、この場合は多くの燃料を消費してしまうだけでなく、前のクルマに追突する危険が大きくなります。継続的な渋滞では、人が歩くような速度で進みますから、アクセルに右足を載せてそっと踏み、流れるに遅れない程度にゆっくり加速してください。

エンジンの音をできるだけ大きくしないように踏むのがいいでしょう。あなたが乗っているクルマに燃料計があれば、それを見ながら訓練すると効果的です。継続渋滞では、発進後すぐに停止する場合が多くあります。

ここでは、前を走るクルマだけでなく、2~3台前のクルマの動きも観察しましょう。数台前のクルマが減速・停止するようなら、数秒後に自分のクルマも停止させなけばなりませんから、あらかじめ、アクセルから足を離し惰性で走る区間をつくります。

この作業が燃費に効果をもたらせます。そして、最後にフットブレーキを使いクルマを停止させましょう。以上のことをぜひ理解し、時間的に無駄に多い渋滞の中でもエコ運転を心がけるようにしてください。


この記事をシェアする facebookでシェア twitterでシェア

無料でできる燃費向上記事 12345678910111213141516171819202122