風雷益トップ
furaiekishopping.pngfuraiekreview.pngfuraiekiqa.pngfuraiekiingredients.pngfree_nenpiup.pngvideos.pngfuraiekrother.png

電装品はなるべくオフにして燃費を向上

電装品はなるべくオフにして燃費を向上電装品はなるべくオフにして燃費を向上

クルマで使う電装品のエネルギーは、エンジンの回転する力を利用して作られているので、結局のところ、走るための燃料である

ガソリンを使って電気が作られている事を知っておいてください。ヘッドライトやオーディオ、シートヒーターといった電装品は、電気をエネルギーとしていて、その電気はオルタネーターという発電機で作られています。オルタネーターを回すのはエンジンの力でエンジンはガソリンで動いているので電気を使えば使うほど大事なガソリンが使われてしまうのです。

最近のクルマは昔に比べると、電気を使用する部品があらゆる部分で多くなっています。エンジンに燃料を補給する装置や、身近なものでは多くなっています。エンジンに燃料を補給する装置や身近なものではナビもその一例です。

自分の意志では操作できないものもありますが、これらが電気を消費していることは事実です。ですから、電装品はなるべくオフにしていたほうが燃費の節約になります。

ヘッド裏とは、ハロゲンバルブが主流になっていますが、HID方式のヘッドライトのほうがより明るく、消費電力も少ないので燃費にも良いといえるでしょう。ハロゲンバルプをHIDに改造するという方法もありますが、新車で買う時はオプションで取り付けたり、中古車を買う時、HIDが付いているクルマを選ぶのも安全面や燃費の面からも良いでしょう。他にも、スモールライトやポジションランプ、それにブレーキランプを消費電力が少ないLEDに取り替えたりする方法によって、燃費を改善するという努力をしている燃費マニアもいるはすです。


この記事をシェアする facebookでシェア twitterでシェア

無料でできる燃費向上記事 12345678910111213141516171819202122