風雷益トップ
furaiekishopping.pngfuraiekreview.pngfuraiekiqa.pngfuraiekiingredients.pngfree_nenpiup.pngvideos.pngfuraiekrother.png

アイドリングストップで燃費を向上

nenpiup4.jpg

アイドリングストップしたほうが燃費に有利です。交差点で赤信号で止まった時、5秒以上停止するならアイドリングストップしたほうが燃費的に有利だと実験で証明されているとご存知でしょうか??

自動的なアイドリングストップ装置が付いていれば、それを使い、普通のクルマでもエンジンキーを回して積極的にエンジンを切るように心がけましょう。アイドリングストップの問題点は、エンジンの停止中はエアコンが効かないことや...停めている時ぶつけられた場合、エアバックが作動しないということです。追突されれば問題ですが、停車中でもシートベルトは外していませんから車外へ飛び出すことはなないでしょう。

エンジンを再スタートさせるタイミングは、列の先頭で停まった場合、交差する通りの側の信号に注意しながら余裕を持ってスタートさせます。正面の信号しか見えない3台目、4台目で停まっていたら、

青信号になってスタートさせても自分のクルマが動き出すタイミングには遅れません。普通のクルマはスターターを使ってエンジン再始動していますが、スターターモーターには使用限界があるとはいっても、

アイドリングストップを励行した程度の使用頻度では問題ありません。ハイブリット車は、こうしたアイドリングストップが自動的にできるようになっています。強力なモーターを使ってエンジンを再始動させるようになっています。強力なモーターを使ってエンジン再始動させるようになっていますので、適確なタイミングでスタートします。

トヨタのヴィッツには、アイドリングストップ機能付きのモデルがあります。普通の鉛バッテリーとは別に小型のリチウムイオンバッテリーを備えていて、停止するとハイブリットカーのように自動的にアイドリングストップをするのですが、

エンジンが止まっている間、リチウムイオンバッテリーからオーディオやエアコンに電力を供給することが可能になっています。手動でアイドリングストップするよりずいぶんラクで快適です。クルマを停めている時にはアイドリングをするのはどれだけ無駄か考えてみて下さい。エアコンを使いっぱなしにして、涼しい車内で昼寝をすることなどは、エコドライバーにとってもってのほかなのです。


この記事をシェアする facebookでシェア twitterでシェア

無料でできる燃費向上記事 12345678910111213141516171819202122