風雷益トップ
furaiekishopping.pngfuraiekreview.pngfuraiekiqa.pngfuraiekiingredients.pngfree_nenpiup.pngvideos.pngfuraiekrother.png

信号や標識を良く見て走って燃費向上

信号や標識を良く見て走って燃費向上信号や標識を良く見て走って燃費向上費向上

交通状況を把握して、クルマの動きを予測することがエコ運転にもつながります。

急発進や急停車など急激な速度変動が多くのガソリンを消費信号や標識をよく見ることが、どうしてエコ運転になるのか??と疑問に感じる方もいっらっしゃると思います。信号や標識をよくみるのは当然の事ですが、ここでお伝えしたいことは、このことによって自分が運転するクルマの周囲の交通状況を理解し、数秒後にクルマがどのような動きをすることになるかをしっかり予測しましょう!ということなのです。

これまで、例で述べたとおり、クルマは一定速度や速度の変動をできるだけ少なくして走ったり、アクセルから右足を離し、惰性で走行したりする場合に燃費が大きく向上します。交通状況の理解と予測は、この旧劇な速度変動を避ける有利な手段なのです。

例えば、交差点の少し手前を走っていたとします。信号は青です。普通に考えれば、アクセルを踏まずにそのまま通過したいところですが、手前で急に黄色になったら無理のない範囲で停止しなければなりません。

このとき踏み込んだアクセルからすぐにブレーキを踏む作業に入るでしょう。ここに無理な燃料が消費されているのです。

もし、交差点の少し手前から歩行者信号を確認していたら、車道の信号よりも早く点滅を開始しますので、信号が黄色になるのは充分に予測可能であったはずです。そうすれば、事前にアクセルから足を離し、惰性による燃費の良い走行で減速、最後にフットブレーキによる停止作業をして安全にクルマを停めることができます。

無駄なブレーキ操作により、クルマの運動エネルギーを大気中に熱として捨ててしまう必要もないのです。このことは、前を走るクルマがいつ、どこで減速や左右折をするかを、道路標識や数台前を走るクルマの動きが予測することで、

クルマの急な速度変動を減らすことも効果を発揮します。このような運転を心がければ、エコ運転につながるだけでなく安全運転にも大きく貢献します。エコ運転をすれば、交通事故も約50%減るという数値も保険会社が紹介しています。エコ運転は、セーフティドライブでもあるのです。


この記事をシェアする facebookでシェア twitterでシェア

無料でできる燃費向上記事 12345678910111213141516171819202122