風雷益トップ
furaiekishopping.pngfuraiekreview.pngfuraiekiqa.pngfuraiekiingredients.pngfree_nenpiup.pngvideos.pngfuraiekrother.png

タイヤの空気圧で燃費を向上させよう!!

nenpi2.jpg

タイヤの空気圧を放っておくと燃費が悪化!!タイヤ内部の空気は自然に抜けていきます。数ヶ月も放っておくと低過ぎるまでになって燃費を悪化させてしまいます。これは、タイヤの空気が減ってしまった自転車をこぐのが大変なのと同じ原理です。燃費にシビアになるために、こまめな空気圧のチェックを必ず実行する事をオススメします。最近はセルフスタンドでも給気ポンプはほとんど常備されています。

多少費用はかかりますが、窒素がズをタイヤに充墳することもおすすめです。空気よりもタイヤから抜けにくく、タイヤメーカーのホームページでも窒素ガス充墳をすすめています。また、乗り心地も良くなるといわれています。

皆さんのタイヤの溝は充分残っていますか??また、すり減ったタイヤは危険です。タイヤが減ったことは示すスリップサインは、ほぼ全てのタイヤに付いています。このスリップサインが出ているならすぐ交換し、タイヤに異物が刺さっていないかもチェックしていおきましょう、タイヤの安全は命にかかわります。タイヤが古くなって交換が必要に交換が必要なのに、タイヤ代が惜しくて事故を起こしたら何の意味がありませんね。

新品のタイヤに履き替えれば乗り心地も良くなるし、履き替え前のタイヤの状況によっては燃費向上にも貢献し、ブレーキ性能も回復し安全性を保てます。また、寒い地方でスタッドレススノータイヤを春になってドライな路面でも履きっぱなしにしている人はいませんか??スノータイヤは、気温が低くてもグリップ性を確保するために、やわらかいコンパウントで作られています。

トレッドゴムの厚さにより、ゴムの量が多くなるこで重たくなり、燃費は悪化します。季節に合ったタイヤを履きましょう。

タイヤやホイールもファッションにとらわれてタイヤのサイズアップしたり、超扁平なタイヤやサーキットを走るようなハイグリップタイヤを履いていると燃費は確実に悪化します。標準サイズのタイヤが総合的なバランスも最も良いです。さらに、燃費を向上させるためには、エコタイヤといわれるタイプのものをオススメします。


この記事をシェアする facebookでシェア twitterでシェア

無料でできる燃費向上記事 12345678910111213141516171819202122