風雷益トップ
furaiekishopping.pngfuraiekreview.pngfuraiekiqa.pngfuraiekiingredients.pngfree_nenpiup.pngvideos.pngfuraiekrother.png

下り阪ではアクセルペダルの足を離して燃費向上

下り阪ではアクセルペダルの足を離して燃費向上下り阪ではアクセルペダルの足を離して燃費向上

下り坂ではアクセルペダルの足を離すブレーキを踏まなくても安全な速度が維持できるギアを選びあとは惰性で下る。ギアをニュートラに入れての下り坂走行は危険です!下り坂では、クルマ自身の重さによって坂を下ろうとします。ですので、エンジンの力を利用しない、つまりガソリンを消費しないで坂を下る、というのが基本的なエコ運転の考え方です。

下り坂を走行中にアクセルペダルから右足を外せば、燃料噴射装置という燃料をエンジンに送り込む装置において燃料をカットするようにコンピューターが指令をだし、シリンダーの中に入るのは空気だけの状態になります。

この状態を持続することで、燃料を消費することなく走行することができるのです。フットブレーキを踏まなくても安全な速度が維持できるようなギアを選び、あとは惰性で下ることを心がけましょう。

もちろん必要に応じてフットブレーキを踏むことも大事ですし、何より安全に走行することが第一です。ギアをニュートラルに入れて下り坂を走行すれば、アイドリング状態になってエンジン回転が下がるので、

燃費が良くなると考えている人が多いようですが、これは大きな間違いですし、大変危険な行為です。アイドリングでもエンジンを回転させるためにガソリンを使っていますから、燃料消費はゼロになりません。

それに、ニュートラルにすれば、エンジンブレーキが効かなくなります。フットブレーキだけで長い山道を下げれば、ブレーキが効かなくなります。フットブレーキだけで長い山道を下れば、

ブレーキに溜った熱が放出できなくなり、ブレーキ性能が落ち、さらに、全く効かなくなる事態もあり得ます。このようなことは事故に直結するので、絶対にしないでください。

また、AT車でニュートラル走行をするとミッションが壊れる原因になります。今のクルマは良くなっていますから、自動車メーカーからの厳密な禁止事項にはなっていないかもしれませんが、昔は、故障したAT車を長い距離からの逆方向の力で回され、故障しないように工夫していました。

MT車の場合は、ニュートラルにして下り坂を走っても故障の原因になることはないでしょうが、アイドリングでガソリンを消費するのは同じことです。下り坂でのエコ運転は、くれぐれも正しい知識のもとに行なうようにしてください。


この記事をシェアする facebookでシェア twitterでシェア

無料でできる燃費向上記事 12345678910111213141516171819202122