風雷益トップ
furaiekishopping.pngfuraiekreview.pngfuraiekiqa.pngfuraiekiingredients.pngfree_nenpiup.pngvideos.pngfuraiekrother.png

坂道での燃費向上エコ運転方法

下り阪ではアクセルペダルの足を離して燃費向上下り阪ではアクセルペダルの足を離して燃費向上法して燃費向上

昇り坂は適切なギアを選択しエンジンを低回転にして一定速度で巡航。

登り、下りともに、無理に急がずに安全な速度を維持する。坂道でエコ欄に関しては、昇り坂と下り坂を分けて考える必要があります。登り坂を登る時には、平坦な道を走る時に比べてより多くのガソリンを必要とします。

坂を登るには、平坦な道を走行する必要なエネルギーに加え、通常なコンパクトカーなら1トン程度もあるクルマを、目的地の高さまで持ち上げるエネルギーが必要になります。専門的にはこのエネルギーを「位置エネルギー」といい、車重×高さ×重力加速速度で表されます。ですから、このエネルギー分多くのガソリンを消費します。

高速道路で、登り坂になっても追い越し車線を猛スピードで駆け上がって行くクルマをよく見かけます。この場合、坂を登るための燃費低下だけでなく、燃費の良い巡回速度を実践していない例でもあるので、

この走行はガソリン消費量がとても多いのです。まず登り坂についてですが、ここでは、適切なギアの選択により、可能なかぎりエンジンを低回転にして、一定の速度で巡航することを心がけましょう。

これまで平坦路を走っていて、長い登り坂に掛かったとします。登り坂ではギアは5速に入っているので、登っているうちにスピードを落とさないようにアクセルを少し踏み込んでもジワジワと落ちてきますから、必要なら4速に落として、それでもエンジン回転が落ち過ぎと感じれば3速にも落とします。

山道の登りなら、3速や2速を使うことは普通です。MT車低回転になり過ぎると、エンジンからカリカリという異常燃焼音が聴こえます。そんな時には、ギアをひとつ飛ばしてシフトダウンする時もあります。下り坂では位置エネルギーを利用します。

アクセルから足を離して燃料噴射装置の燃料カットを活用し、必要に応じてエンジンブレーキを効かせます。

さらに強力に効かせたければギア4速や3速に入れて下って行きます。AT車なら3や2のレンジに入れて、CVTだとLレンジを使って下って行きます。登り、下りとっもにいえることは、無理に急がずに安全な速度を維持することが、最もエコ運転の近道といえるでしょう。


この記事をシェアする facebookでシェア twitterでシェア

無料でできる燃費向上記事 12345678910111213141516171819202122