風雷益トップ
furaiekishopping.pngfuraiekreview.pngfuraiekiqa.pngfuraiekiingredients.pngfree_nenpiup.pngvideos.pngfuraiekrother.png

エンジンスタート、すぐに出発させて燃費向上

エンジンスタート、すぐに出発させて燃費向上エンジンスタート、すぐに出発させて燃費向上

近頃のクルマはすぐに走り出しても問題がないと言われている。昔は一般的にエンジンを掛けてから水温計の針が動き始めるまでアイドリングさせ、エンジンを暖めてからスタートさせるように教えらていました。

昔のクルマは、エンジンが冷えているときは始動性を良くするために、チョークというレバーを引きエンジンに入る燃料を濃くなるようにしてからスターターを回していました。

始動後も、エンジンの回転が安定する程度に暖まるまでは、濃い燃料を供給し続け、もちろん走行しないで待っていたものです。

近頃のクルマはさまざまな制御が進化しており、エンジンが冷えていてもチョークを引いてスターターを回す必要はなく、キーを回せば簡単にすることなく、すぐ走りだしても問題ないといわれるようになってきたことは解説しました。

現代のエンジンでもきっちり暖気をしてから走ったほうが、走行時の燃料消費が少ないことも事実ですが、暖気をせずに走りだした時の燃料消費以上に、暖気運転してから同じ距離を走ったときの燃料消費のほうが大きくなるデータがあります。

ですからこの考え方が有効なのです。コンピューターで制御された燃料噴出装置を備えた現代のクルマは、冷却水の温度が低くてもアイドリングは安定しているし、動きを出すのにも問題なく、しばらくゆっくり走っている間にエンジンもトランスミッションも暖まり、ヒーターやエアコンも正常に作動しています。

エコドライブを心がけた運転で走る、エンジンの回転数も低くなるので、エンジンオイルの温度が低くても潤滑ができなくなるようなこともありません。だからウォーミングアップしなくてもエンジンを傷めることは少ないのです。

エンジンが暖まっていない状態でいきなりアクセルを全開などという荒い運転をすれば、エンジンオイルが冷えたままて潤滑不良を起こしてエンジンをいためるでしょうが、この記事の読者様の方々はエコドライブを実践する目的で運転されるのですから、エンジンをスタートさせて出発したら、しばらくはゆっくり走るという教えを守ることで、ウォーミングアップで使う燃料を節約することができます。


この記事をシェアする facebookでシェア twitterでシェア

無料でできる燃費向上記事 12345678910111213141516171819202122