風雷益トップ
furaiekishopping.pngfuraiekreview.pngfuraiekiqa.pngfuraiekiingredients.pngfree_nenpiup.pngvideos.pngfuraiekrother.png

発進は速やかに加速させて燃費を向上

発進は速やかに加速させて燃費を向上発進は速やかに加速させて燃費を向上

交通の流れに乗って巡航速度に到着し、それをキープする静止状態からの発進は速やかに、交通の流れに乗って巡航速度に到達して、それをキープすることで燃費を上げましょう。

読者の皆様もご存知かとおもいますが、発進をおだやかに行なう運転法が広く紹介されています。この方法で発進時の燃料が何ccかは節約できることは確かでしょう。燃費改善のためのひとつの方法であることは間違いありませんが、後ろから来るクルマに追突されそうになってヒヤリとするより、燃費がある程度気にしつつも、より重要な安全の確保として、速やかな加速で交通の流れに乗ることのほうが必要です。


速やかな加速とはいっても、アクセル全開のフル加速ができ、なおかつ必要以上の加速に周囲の流れに遅れることのない加速ができ、必要以上の加速にならない程度にアクセルをしっかりと踏み込むことが重要です。では、どの程度アクセルを踏み込むかといえば、クルマによっても異なりますますけれども、一般的にはエンジンを2000回転程度まですばやく上げれば充分でしょう。

この回転数以上にならないように注意し、目標とする速度に近づいたらアクセルを暖め、スウィートスポット走法に移行するようにしましょう。

ノロノロと発進して、交通の流れを乱す恐れのあるうような誤ったエゴ運転ではなく、巡航速度を保っていかに燃費を伸ばすか、つまり、いかにスムーズに巡航速度を保っていかに燃費を伸ばすか、いかにスムーズに巡回速度に到達し、それを維持するかということを重要に考えているのです。


この記事をシェアする facebookでシェア twitterでシェア

無料でできる燃費向上記事 12345678910111213141516171819202122