風雷益トップ
furaiekishopping.pngfuraiekreview.pngfuraiekiqa.pngfuraiekiingredients.pngfree_nenpiup.pngvideos.pngfuraiekrother.png

ムダなブレーキは踏まず燃費を向上させる

ムダなブレーキは踏まず燃費を向上させるムダなブレーキは踏まず燃費を向上させる

無駄なブレーキは踏まないコツは車間距離を充分に取ること!!

一般公道を走って燃費を伸ばすには、交通の流れに乗って走り、アクセルワークと適切なギアの選択で、燃料消費が一番少ないスウィートスポットの状態にエンジンを保つようにするのが重要です。

無駄なブレーキーを踏んでスピードが落ちれば、また加速してもとの速度に戻すのによけいなガソリンを使ってしまいます。

燃費が悪いという人の運転パターンでよくあるのが、少しで早く目的地に着こうと、交通の流れ以上に先へ進もうと焦って運転するというものです。皆さんにも経験はありませんか??

約束の時間に間に合わせないと焦り、少しでもよこの斜線に車間が空いていればアクセルを踏んで、斜め前の車間に入ります。そして、また横の車線の空きをみつけてアクセル、ブレーキ、そしてまたアクセルと前へ前へと進んで行こうとする。車間距離もついつい詰まりがちです。

このような速度変動の大きい運転が燃費を悪化させるのです。そして、このような運転は事故につながる危険が大きいのです。一般公道で、無駄にブレーキを踏まないコツを教えるとすれば、車間距離を充分に取ることが重要です。

「充分な車間距離」とはスピードによって異なりますが、前のクルマが数時間ブレーキを踏んだとしても、こちらはブレーキをできるだけ踏むことなく、少し減速することで再びスウィートスポット走行で追従できるくらいの距離です。

車間距離にゆとりがあれば、前のクルマのスピードに合わせてその距離を、大きな速度変動ができるだけないようにして一定に保つのも楽ですし、前のクルマのブレーキランプが点いても、アクセルペダルから右足をブレーキペダルの上に移して構えることで、

エンジンブレーキでじんわりとスピードコントロールできるわけです。もちろん必要があればゆっくりと余裕を持ってブレーキを踏めばよいのですが、車間距離が短いと反射的に無駄なブレーキを踏んでしまいます。こうした無駄なブレーキによって落ちたブレーキを踏んでしまいます。

こうした無駄なブレーキによって落ちたスピードをもどすためにガソリンはさらに消費するのです。車間距離を保ったセーフティドライブは、お財布にも優しいエコドライブに通じるのです。


この記事をシェアする facebookでシェア twitterでシェア

無料でできる燃費向上記事 12345678910111213141516171819202122