風雷益トップ
furaiekishopping.pngfuraiekreview.pngfuraiekiqa.pngfuraiekiingredients.pngfree_nenpiup.pngvideos.pngfuraiekrother.png

走行時、空気抵抗は増やさないで燃費を向上させる

走行時、空気抵抗は増やさないで燃費を向上させる走行時、空気抵抗は増やさないで燃費を向上させる

窓を開けては走っていると風邪が車内に入って来るだけでなく、空気抵抗が増えて燃費が悪化させてしまうのを知っていますか??

通常、高速道路を100km/hで走る時、空気抵抗は50%以上になります。さらに、窓を開けて空気抵抗を増やせば、それだけでも燃費は悪化してしまいます。窓を開けることで、走行抵抗の少ない理想的な空気の流れを乱用してしまうことが大きな要因です。窓の開け方でも燃費の悪化に変化がありました。

窓を半開にした走行が全開よりも燃費が悪化する結果が出ています。オープンカーを運転する時でも、サイドウィンドーを立てて整流板として使えば、車内への風の巻き込みを減らすだけでなく、空気抵抗も改善して燃費向上させます。

スキーなど載せるボックス型のルーフキャリアを1年中つけぱなしにしているクルマがありますが良くありません。ルーフキャリアは大きな空気抵抗になるだけでなく、それに積んだ荷物がさらに燃費が悪影響を与えてしまいます。ルーフキャリアは、車内にはどうしても積めない荷物を積む時だけ取り付けて、普段は必ず取り外しておきましょう。


また、10%の空気抵抗の増加は、5.5%燃費が悪化するというデーターも出ています。レーシングカーのような格好良さを求めて、エアスボイラーとかウィングを取り付けてることも燃費には良いことはありません。レースの時には車体を安定させるために必要なエアスポイラーやウィングの取り付けて、それが高速時の性能を高めます。

しかし、公道を制限速度を守って走行する限り、一般のクルマにこうした空力パーツを取り付けること自体、ほとんどが重量と空気抵抗をまして燃費が悪化するだけなのです。皆さんは、見た目だけのファションとガソリンを大切にするエコどちらを選びますか??


この記事をシェアする facebookでシェア twitterでシェア

無料でできる燃費向上記事 12345678910111213141516171819202122