風雷益トップ
furaiekishopping.pngfuraiekreview.pngfuraiekiqa.pngfuraiekiingredients.pngfree_nenpiup.pngvideos.pngfuraiekrother.png

すぐに出発できるように準備をして燃費向上

すぐに出発できるように準備をして燃費向上すぐに出発できるように準備をして燃費向上

冬場は太陽を利用してフロントガラスの霜を防ぎましょう。

始動直後のアイドリングは多くの燃料を消費してしまいます。すぐに出発するというと少し唐突に感じる方がいるかもしれません。ここでお話ししたいのは、エンジン始動から出発までのアイドリング時間をできるだけ短くしたい、ということなのです。

始動直後の暖気運転も含めたアイドリングでは、多くの燃料を消費をしてしまいます。ですから、エンジン始動を始動したらできるだけ早く出発することが肝心なのです。

すばやい出発が難しくなるのは特に冬場です。夜中にクルマの上に降りた霧が凍り、朝、クルマに乗ろうと思ったら、ガラスの表面では氷がバリバリになって、

このままではとても運転ができない状態になっていたという経験がある方も多いと思います。

この場合、フロントガラスにヒーターを当てて、氷が解けるのをじっと待っているだけでは、ガソリンの無駄になってしまいます。

このような事態を防ぐためにも、事前の準備が大切です。まず、フロントガラスが凍らないような工夫をしましょう。例えば、クルマをガレージのような屋内ではないところに駐車する場合、陽が昇る方向にフロントを向けて駐車します。朝陽がガラスにうまく当たるように工夫することで、通勤などのクルマを使用するまでに多くの氷は解けているはずです。

陽の当たらない場所に駐車場がある場合は、ガラスに毛布をけたり、氷を掻き落とす道具(スクレーバー)を用意したりしておくことも有効です。また、真夏の直射日光も日陰に停車して効率よく避けることで、室内温度を上昇を防ぎ、すばやいスタートが可能になりますから室内温度を下げる時間と燃料を節約することができます。また、断熱効果を持たせたポディカバーでクルマ全体を覆てしまうのも効果があります。

エンジン始動してからすぐに出発するのに障害となるものを、事前に取り除いておく、
例えばエンジンがかかってからの荷物の出し入れをやめるとか、同乗者には早めの準備をしてもらって乗車しておりてもらうなど、ちょっとした出発前の心がまえがエコ運転につながるポイントといえます。


この記事をシェアする facebookでシェア twitterでシェア

無料でできる燃費向上記事 12345678910111213141516171819202122